世田谷自然食品の味噌汁の口コミは?高齢者向き

なぜ血糖値が高いと腎臓が起こるのでしょうか。それは高血糖だとAGEsが作られるからです。

 

 

heがくっつくとそこに炎症が起きて小さな穴が開きます。

 

そうするとフィルターとしての老化が出来なくなって体の中のタンパク質が尿に漏れてしまいます。

 

ブドウ糖がたくさんあればタンパク質結びついてegeが増えていきます。

 

AGEsは一つ一度作られるとなかなか減らないので今血糖値が低く抑えられていても過去に血糖値が高ければ合併症が出る可能性は高いのです。

 

血糖値より尿アルブミン検査が大切です。

 

糖尿病になったからといって血糖値計り測っていればいいというわけではなく腎臓が悪くなっていないかをチェックする必要があります。

 

腎臓にどのぐらいも穴が空いてるかということをチェックしないといけません。

 

それに必要なのは尿アルブミンの値を計測することです。

 

尿アルブミンを6000以上となってしまうと人工透析を避けることはできません。

 

アルブミンタンパク質の一種で心臓の膜に穴が開いてたんぱく質が漏れ出ることで起こります。

 

アルブミンが多ければ多いほどまくの穴が多いということで腎臓病の進行が悪くなっているということがわかりますし、かし尿アルブミンの検査を受けている人はあまりいなくて血清クレアチニンを調べてそのままになっている方が多いのです。

 

糖尿病の方の尿アルブミンを調べている患者さんは糖尿病専門医では55%内海では19%で糖尿病性腎症を治そうと思っているお医者さんが少ないことがわかります。

 

そうすることで腎臓病を起こしてしまう患者さんが増えてしまういうことがわかります。

 

糖尿病の人も糖尿病でない人も加齢とともにだんだんと尿にたんぱく質が増えることが多くなっていきます。

 

ですが、18を超えることはありません。

 

しかしヘモグロビンa1cが9.5以上の重症の糖尿病患者で血圧がコントロールできない場合は15年ほどでアルブミンが18を超えてしまいます。

 

そして指数関数的に上昇して300を超えたあたりからものすごい勢いで競争して行きます。

 

そして5年ぐらいで人工透析が必要なります。

 

ですので、アルブミンが300を超えるまでに適切な治療を行っていくことが非常に大切なのです。

 

血清クレアチニンは尿アルブミンが3000を超えるほどひどくなった時に初めて以上の値を出るので3年以内に人工透析が必要な状態です。

 

ですので、世田谷の味噌汁を食べたい方はこちらにあります。

 

また血圧の測定も大切大切です。